見事国立小学校に合格できたお父様からの体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今年の春に長男が、見事国立の小学校に合格することができました。

 

 

ちなみに我が家で実践している頭の良い子を育てる方法は、

とにかく食育を徹底することと、なるべく室内でなく外に連れ出し、

いろいろなものを体験させることです。

 

 

食育に関しては家内に任せていますが、

冷凍食品や添加物の入ったものは一切食べさせず、

料理はすべて手作り。お菓子やケーキもすべて家内の手作りです。

 

 

ですので、クリスマスケーキやバースデーケーキも

うちの子はお店のケーキを食べたことがありません。

 

 

また、家内と一緒になって作ることによってコミュニケーションも生まれ、

愛されていることを実感し、安心感を得るとともに、

ケーキが完成した時に達成感と自信につながるので、ぜひお勧めします。

 

 

それと私は休みの日はとにかく外に連れ出します。

川に行けば、釣りをして、冷たい水に触らせ、一緒に釣りをして、

釣った魚を触らせ、一緒に調理をして食べる。

 

 

焚き火をするときも一緒に木の枝を探しに行き、一緒に火をつけて温まる。

 

 

とにかくいろいろなものに触れさせ、

新しいことに挑戦させることが脳の発達に良いのだと思います。

 

 

おかげさまで、勉強に関しては特にこちらから何も言わなくとも

自分からいろいろなものに興味を持って質問してきますし、

答えに納得すると自信がついていきますので、全く同じなのです。

 

 

あとは自分で疑問を持ったことを自分で解決し、

成長していくという正のサイクルに持っていくだけのことですので、

これほど楽なことはありません。

 

 

繰り返しますが、とにかく小さい時に子供に不安感を与えることなく、

そしていろいろなものにチャレンジさせること。

 

これだけで十分頭の良い子は育つのだと自信を持って言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。