国立:大阪教育大学附属池田小学校お受験情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

関西で人気のある大阪教育大学附属池田小学校の受験情報です

学校基本情報:大阪教育大学附属池田小学校

アクセス:563-0026 大阪府池田市緑丘1−5−1

阪急宝塚線「池田」駅 2 階改札を出て右に進み、
陸橋を渡って駅前公園に面した歩道に 出ます。

制服:ブレザー

池田小学校制服引用:大阪教育大学附属池田小学校HP資料より

教育任務:

1.義務教育として行われる普通教育のうち基礎的なものを行う
2.大阪教育大学との共同による学校教育と生涯学習の実践的研究
3.大阪教育大学の学部生と大学院生の教育実習と実地研究指導
4.公立学校との実践的研究交流など、地域社会との連携・協力
5.学校が安全で安心できる場所とするための安全教育の実践と発信

教育目標:

1.自ら進んで学び、生活をきりひらく主体的な意欲と能力の育成
2.好ましい人間関係を育てることによる集団的資質と社会性の育成
3.自他の生命を尊重し、社会の平和と発展を希求する心情の育成
4.健康の増進と、明るくたくましい心身の育成
5.安全な社会づくりに主体的に参画する人間の育成

給食:週5日あり(アレルギー対応は100%ではない)

親の出番:あり
朝の登下校に通学路に立つなど、当番制

 

募集人数

男女合計100名
※第3学年から募集する帰国児童5名を除く
※上記とは別に、第1学年で学校災害特別研究児童3名以内を募集

応募資格者

(1)平成22年4月2日から平成23年4月1日までに生まれた者
(2)出願時に、本校所定の通学区域内に現に保護者と同居している者(同居予定は不可)
(3)本校の教育を理解して入学を希望する者

上記全ての項目に該当するもの

選考日

(1)面接(志願者面接・保護者面接)
<女子> 平成29年1月23日(月)
<男子> 平成29年1月24日(火)

(2)調査・観察(筆記・行動観察・実技)
<女子> 平成29年1月28日(土) 9:30~ ( 受付 8:20~ )
<男子> 平成29年1月28日(土) 13:10~ ( 受付11:50~ )

持参品 志願者票(願書受付後に郵送)
上靴、外靴を入れる袋(志願者、保護者共に)
志願者の服装 運動しやすい服装(名札等を胸その他につけないでください)

合格発表

平成29年1月29日(日) 13:00~13:30
※面接・調査・観察のすべてを総合して合格者を決定

H27年度の志願者数と倍率

志願者数 

男子164名 合格者50名 (倍率3.3倍)
女子143名 合格者50名 (倍率2.9倍)

H24年度より抽選合格はなし

試験内容

 

<面接> 子ども3名と先生3名の面接の後、保護者が入室し、子ども・保護者・先生(1人)の3名が3カ所に分かれ着席し、独特の形式で親子面接は行われました。

<調査・観察> 筆記、実技(制作絵画・運動・音楽)、行動観察 ○知識(食材・生物・植物など) ○言語(しりとり・逆さ言葉など) ○推理(観覧車・足跡・図形・風船など) ○聞き取り(迷路など) ○お話の記憶 ○実物観察 ○映像(同絵探し、増えた物探しなど) ○公共マナー ○口頭試問 ○制作絵画(ブランコと公園作り) ○運動(忍者村の修行) ○音楽(手拍子、楽器、歌など) ○行動観察(積木などを使ってグループでゲーム) など ※例年通り女子は午前、男子は午後に行われました。男子も女子も8班(1班20名前後)で教室を移動しながら行われました。

引用元:ごこう幼児教室

 

受験対策

多くの家庭では年中の秋頃から幼児教室に通ったり、家庭内での対策をされる方が多い。

ペーパーテストだけでなく行動観察、面接もあるので
家庭内だけでの受験対策で合格されるケースは稀で、
池田小学校対策をしっかりしている幼児教室に通わせるケースが多い。

特に年長の秋以降は複数の教室に通うご家庭もある。

池田に特化した幼児教室
ヘッズアップセミナー(10年連続池田合格者1位)
しょうがく社(学校別オープン模試など)
ごこう幼児教室(お母さん教室にて出題解説などがある)

実際に通われている方(お母様)からの声

「とにかく私立に比べて学費面で助かります」
「給食に満足しているようです」
「放課後はすぐ帰って塾などに行く子もいますが、運動場で伸び伸び遊んでいる子も多いです。
 セキュリティがしっかりしているので、公園などで遊ぶより安心できます」
「高学年から、進学についての悩みは深刻になるようです」
「4年生あたりから、ほとんどの子が塾に通っています
 もちろん通っていない子もいますが、そういう子は
 自ら勉強が出来る子です」
「私立の様に派手な親御さんはあまり見かけません、
 働いているお母様も多いです」
「お子様も親御さんも、教育に対して意識の高い方が多いです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket